メールでのお問い合わせはこちら。
メールマガジン「ナーシングカルテ」のお申し込みもこちらからお願いします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

私が「すまいるナーシング」を立ち上げた理由。

「すまいるナーシング」の目標は、あなたの家のかかりつけ看護師になることです。
いま、地域の中で訪問看護を必要としている方は、高齢者や難病の方、がん患者さんだけではありません。超低体重児であったり、発達障害児であったり、医療的ケアの必要な児・統合失調症の方もいます。けれど、こうした小児や精神疾患をもつ人々の、地域での生活を支える訪問看護ステーションが足りていません。その理由は、特別で専門的な知識や経験が必要だと考えるステーションが多いからです。
地域の中に訪問看護を必要とするこうした方々がいるのならば、知識や経験がないからと断るのではなく、私は自分たちが一生懸命学ぶことで、受け入れていきたい。地域に根差した訪問看護ステーションとして、その都度学び、生活に寄り添い、共に困難を経験し、乗り越え成長していく訪問看護ステーションでありたいと、私は考えています。

すまいるナーシング代表 インクランガジャルド 裕美

インクランガジャルド 裕美 これまでの経歴

・浦和市立高等看護学院卒業後 東京女子医科大学病院急性期病棟2年勤務

・山王病院透析室2年勤務

・結婚・出産・育児の為、14年間家事・育児に専念する

・平成23年訪問看護師として復職、仕事をしながら放送大学・東京医科歯科大学医学部保健衛生学科にて地域看護学・緩和ケア・在宅看護学を履修

・平成25年聖路加国際大学認定看護師教育過程訪問看護コースへ入学し、訪問看護における高度な実践・看護師への相談・指導、看護管理について学ぶ。認定訪問看護師資格所得し、認定訪問看護師連絡協議会に入会。

・平成29年 笹川保健協力記念財団起業家育成看護師事業第4期受講生として、看護師が訪問看護ステーションを経営し運営していく際に必要な知識を学ぶ。また卒業後も、日本財団・笹川保健協力記念財団と協力をしながら、国民の健康・幸福のために、地域活動や研究発表などを行える環境にある。

いっしょに働く仲間も募集しています。
気持ちよく働ける場所をいっしょに作りたい。
お待ちしています。

良い医療サービスを提供する上で大切になるのは、働く私たちの環境づくりだと考えています。

訪問看護師は、24時間365日体制の現場であることでワークライフバランスがとりずらい。
重症度が高い利用者の自宅へ一人で訪問し、状態をアセスメントしケアすることに看護師としての責任が大きい。
死と悲しみを体験することが身近にあり、看護師の心のケアも十分になされないまま業務が続いていく。
看護師不足の中、1人にかかる業務が増えていく。
このような現場で過ごしているのが現実です。
そのために、訪問看護師となっても退職せざるを得ないこともあるのではないかと思いました。

これらの問題は私たちならきっと解決できると考えています。
自分たちが体験してきたからこそ、看護師がどういう職場で働きたくて、
どのような看護をしていきたいのかもわかります。
結婚しても、家族が増えても、子育てしながらでも、自分の納得のいく看護ができる。
そういう環境をいっしょに作っていけたらと思っています。

お問い合わせは「すまいるナーシング」まで。

TEL.03-5731-9210

都立大学駅徒歩1分の訪問看護ステーションです。

小さな事務所です。お気軽にご相談にお越しください。

〒152-0031 東京都目黒区中根1丁目3−9 森戸ビル402号室